スタンプ印と安い印鑑

スタンプ印現在は「スタンプ印」と呼ばれる、スタンプのように押せる印鑑を利用されている方も多いです。朱肉をつける手間がないことから使っていて非常に便利なもので、特に若い方の場合は「スタンプ印があれば印鑑を揃える必要はない」と考えていらっしゃる方もいるかもしれませんが、スタンプ印は公的な文書に利用できないとしている企業や場面が多いです。その理由ですが、スタンプ印に使われるインクの経年劣化が大きかったことと、スタンプ印の印面はゴム製のため、印影が変形・劣化する可能性があるためです。一部の金融機関や企業の内部で利用する書類でスタンプ印の利用も可能になりましたが、何かの契約時や公的機関への届け出の際にスタンプ印の利用はほぼ認められませんので、スタンプ印以外の、通常の印鑑を用意しておくと何かの際には慌てずに済みます。

また、100円ショップで販売されているような印鑑、所謂三文判は認印として利用できるのかを疑問に思う方もいらっしゃると思います。結論からすると「利用は可能」です。比較的知名度の高い名字の方に限られますが、普段は持っている印鑑を忘れて、急いで印鑑を押す必要がある場合は100円ショップを活用するという方法もあります。